ロゴ

オーダースーツを製作する時に気をつけることとは?

メンズのスーツ

世界にひとつで、自分の体にピッタリとフィットするスーツを作ることができるオーダースーツですが、東京にはまだ製作してもらったことのない方もいるでしょう。なので、ここからはオーダースーツを製作する時に気をつけたいことを解説していくので、参考にしてください。

オーダースーツを着用するメリットや製作の流れを確認しよう

スーツ

オーダーの種類

一口にオーダースーツと言っても、オーダーする項目により製作期間や費用が大きく変わります。スーツに使用する素材やデザインなど何から何まで指定できるフルオーダーは、製作が完了するまでに、比較的多くの時間と費用がかかってしまいます。ですが、他の誰と被ることのない世界にひとつだけのスーツを作ることができます。それに比べると製作にかかる時間が短く費用も安く収まるパターンオーダーは、前もって用意されているスーツのタイプから、自分の体型に合ったものを選んで製作してもらう方法です。意外と細かい部分まで修正できるので、そこまでこだわりが強い訳ではないけど、自分専用のスーツを作りたいという男性におすすめすることができます。

オーダースーツ製作の流れ

先程二種類のオーダー方法を紹介しましたが、基本的な流れはあまり変わりません。初めは、製作してもらうお店に行き、テーラーと呼ばれる専門のスタッフと相談しながら費用やおおまかなデザインについて決めていきます。その後実際の生地を触りながら、使用する素材を決定していきます。使用する生地が決まったら、その他の細かい部分を決めていきます。ボタンの数や、襟の仕様、裏地などフルオーダーでは、とても多くの項目を決めることができます。これも決まったら、最後に採寸をしていきます。数週間すると、すーつができあがるので、手直しなどを行なって完成になります。

オーダースーツを着用するメリット

  • サイズがピッタリ
  • 自分好みのデザインにできる
  • 丈夫

スタイリッシュに着こなす

スーツをスタイリッシュに着こなすためには、合わせるための小物アイテムが重要になります。ここからは、腕時計とネクタイが与える印象を比較していきたいと思います。

腕時計とネクタイが与える印象

腕時計

腕時計は知的な印象を与えるだけでなく、ブランド物の時計を身につけることにより、男してのステータスを表すこともできます。あまり派手なデザインのものは、あまりスーツに合わないので避けたほうがいいでしょう。

ネクタイ

スーツにネクタイは当たり前となりつつありますが、とてもスタイリッシュな印象に仕上げてくれます。首元が整うことで、全体的な印象が締まります。