しっかりとアフターケア | 大坂で脂肪細胞を受けよう~脂肪吸引を楽しぼう~
   

しっかりとアフターケア

大阪の美容外科クリニックで脂肪吸引を行なうことができますが、手術をする際はアフターケアや、手術後のことも考える必要があります。手術の時のことを考えがちですが、アフターケアや手術後の注意事項を把握しておかないと、トラブルの原因になってしまいます。脂肪吸引は、脂肪細胞を吸引するという手術です。体の組織を変化させるのですから、手術後の回復には時間がかかってしまいます。回復するまでに時間には、やっておかなければならないことや、やってはいけないことが様々あります。

大阪で脂肪吸引をした場合、吸引した部位が内出血していたり、むくんでいたりします。このような症状をなるべく早く回復させるためには、圧迫装具を装着すると良いでしょう。ガードル、ストッキング、サポーターなどを装着することによって、状態も楽になりますし、症状の回復を早めることができます。腫れやむくみは、1週間~3週間程度続くので、圧迫装具も1周間~3週間程度装着します。長期間圧迫装具を着用していると、外した時に違和感を感じることが多いので、サイズを変えながら半年づつ着用している人も多いです。大阪の美容外科クリニックによっても違いますが、基本的に脂肪吸引の手術では切開した部位は縫合します。そのため、抜糸が必要になります。抜糸をするタイミングとしては、術後1週間程度です。溶けるタイプの糸を使用しているクリニックなら抜糸は必要ありません。ただ、溶ける糸でアレルギー症状を起こす人もいるので、抜糸をした方がアレルギー症状を起こす可能性もありません。他に禁止事項としては、抜糸までには入浴しない、術後2週間程度は激しい運動はしない、喫煙や飲酒を控えるなどがあります。このような注意事項を守らないと、体のトラブルが起きることもあります。